あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ長崎県脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

脱毛当日のどのような服装がいい

脱毛当日のどのような服装がいい

脱毛サロンでお手入れする際の服装は気になっても、サロンへ行く時の服装まで考える人は少ないのではないでしょうか。
一般的に脱毛後のお肌は軽い日焼けをしている状態と表現されていて、いつもよりも乾燥し、傷みやすいデリケートなお肌状態です。
その為、脱毛する日には少し服装や髪型にも注意する必要があります。

ほとんどのサロンがお手入れ前に、ガウンなどに着替えられる個室があります。
着て行く服装に制限はありませんが、着脱しにくい服装は避けた方がいいかもしれませんね。予約時間は一人ひとり決まっていますのでお着替えに手間取ってしまうと、お手入れの進行に支障をきたす可能性もあります。なのでこの日だけはラフな服装で行くようにしましょう。
しかし、服装は着脱しやすさの他にも、素材やデザインにも気を配ることも大切です。

例えばエチケットのお手入れをする場合は、締め付けるような下着や、タイトなパンツをはかないようにしましょう。なるべくお肌を傷つけない、お肌を擦ったり刺激したりしない素材の物を選んだほうがいいでしょう。
また、あしやうでのお手入れをする際には、短パンやミニスカートなどで肌を露出するのもよくありません。足ならロングスカートなどがお肌に負担をかけないのでおススメします。
日差しの強い時期は紫外線も気になりますので、お肌を保護するために薄手の長袖を羽織って出かけるのも良いでしょう。
そして、お顔のお手入れをする場合はお顔をカバーするわけにはいきませんので、低刺激の日焼け止めを塗るとか、帽子や日傘を持ち歩くのをおススメします。日焼け止めは刺激をあまり与えないものを使用しましょうね。
いずれにしても、お手入れ後はお肌への刺激を極力避けるためにサロンへ行く時の服装には十分に配慮しましょう。日焼けしてしまうとお手入れじたいできなくなりますので特に夏場は大変かもしれませんが気をつけて下さいね。

また、当日はヘアスタイルにも注意する必要があります。
お手入れ中はベッドで横になったり体勢を変えたりしますので髪を横に結んだりワックスなどの整髪料でセットしていくのも控えたほうがいいかもしれません。
お手入れ中は、当日以外にも日頃からお肌には気を配ってあげましょう。
お肌が良好であることが脱毛に良い影響をあたえるでしょう。